ペーター・ゲッツェル氏による選定楽器

元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 第一バイオリン奏者 ペーター・ゲッツェル 選定品 ペーター・ゲッツェル

元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 第一バイオリン奏者

ウィーン生まれ、ウィーン国立音楽大学にてバイオリンをエディット・シュタインバウワーに、ヴィオラをエルンスト・オウヴェックに師事。エステライヒシェス ルントゥフンク シンフォニーオーケストラにて副音楽監督を務め、1964年、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、第一バイオリン奏者に就任した。

室内楽の活動も積極的に行い、これまでにヴィンナー シュトライヒ トリオ、フィルハーモニア クインテット にて演奏、 ムジークフェラインズ クァルテットでは14年間ヴィオラ奏者として演奏した。

1987年には、アンサンブル ウィーンを創立、世界ツアーやレコーディングで世界的奏者、アンドレ・プレビン、オレグ・マイセンベルグ、フリードリッヒ・グルダ、エリザベス・オレンスカヤ、リン・ハーレル等と共演した。

ペーター・ゲッツェル マスタークラス プライベートレッスン イベントレポート

選定品

K.Shimora #200 27518 Sold Out

¥216,000

 

K.Shimora #200 27523 Sold Out

¥216,000

 

E.H.Roth #53 R06579 Sold Out

¥378,000

 

E.H.Roth #53 R06581 Sold Out

¥378,000

 

ページの先頭へ