16世紀後半よりチェコLubyの地にてヨーロッパの素材で作られた弦楽器

16世紀後半よりチェコLubyの地にてヨーロッパの素材で作られた弦楽器

”J.J.Dvorak”は16世紀後半よりチェコ”Luby”の地にて、バイオリン製作を始めたマイスター達によって確立された、豊かな伝統を受け継ぐ弦楽器です。

1908年にバイオリン製作学校が設立され、現在までに多くの素晴らしいメーカーを輩出しています。

”J.J.Dvorak”は、このような歴史の中で、最高の腕を持った職人たちの高度な製作技術によって生み出され、バイオリンに最適なヨーロッパの木材を使用することによって、本場の音質、音色を兼ね備えた重厚な弦楽器に仕上げられております。

Violin Viola Cello

 

ページの先頭へ