パオラ・トゥメオ氏をお迎えし、プライベート・レッスンを開催いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
【講師】
パオラ・トゥメオ Paola Tumeo
イタリア国立トリノ“ヴェルディ”音楽院ヴァイオリン科教授
 
【講師プロフィール】

5歳より音楽をマロッコにて学び始め、1973年にイタリアへ移住、イタリア国立N.パガニーニ ジェノヴァ音楽院、ならびにザルツブルグ・モーツァルテウムアカデミーにて(故)デ・バルビエーリに師事し1983年ディプロマ取得。その後シエナ・キジアーナアカデミーにてフランコ・グッリに師事、更なる研鑽を積み、最優秀ディプロマを取得する。同時に室内楽をD. デ・ローザ,サルヴァトーレ・アッカルドに師事。

若年より多数の国内・国際バイオリンコンクールで優勝(イタリアのバイオリンコンクールの登竜門である75、77,78年ヴィットリオ・ヴェネト、77年ペスカーラ、81年モーツァルテウムアカデミー、84年M.アバドなど)。またヴェローナ・アレーナ、ジェノヴァコムナーレ歌劇場などの第1バイオリン奏者として活躍する。

1984年、イタリアバイオリン奏者としてC.アバド率いるECYO(欧州協同ユースオーケストラ)に抜擢され、客員指揮者L.バーンスタインの下で演奏する。ヨーロッパ音楽年であった1985年、RAI(イタリア国立放送局)室内楽コンクールにてデュオ部門優勝、そして1987年のM.ラヴェル記念年に際してFonit社よりラヴェルデュオ全曲集ならびにフランク、フォーレのソナタを収録したディスクをリリース。

1988年、リッカルド・ムーティー直々に抜擢されミラノ・スカラ座フィルハーモニー第1バイオリンを務め、その後も客員ヴァイオリニストとして現在までにムーティ、ジュリーニ、サヴァリッシュ、小澤征爾、メータ、マゼール、C.M.フュン、ゲルギエフ、ドゥダメル、バレンボイム、シャイー、ガッティ、B.マクフェラン、T.ドゥンなど一流指揮者と共に世界中各地にて仕事を共にする。
2004年、ムーティー指揮による数々の演奏旅行を行う;ラヴェンナ友好フェスティヴァル、エステルモ・オリエンテ ボスラ(シリア)、サントリーホール(東京)、Goyangコンサートホール(ソウル)、Chang Kai Shekコンサートホール(台北)、Dewanフィラルモニック・ペトロナス(クアラルンプール)、2006年リッカルド・シャイー指揮の元、2008・2009年には室内楽編成ミラノスカラ座演奏旅行に客員サブコンサートマスターとして参加し、バレンボイム、C.M.フュン、ガッティなどと共にフランス、スペイン、トルコ、ギリシャ、ポーランド、ノルウェーを廻る。

N.パガニーニの“Cannone(大砲)グァルネリ・ジェズ”を弾くという、世界でも数少ないソリストの一人でもある(ヨーロッパスペクタクルゴールド賞、1989年芸術と文化、コロンビアセレモニー1992年、R.デ・ローザ記念1993年)。これまでに各地にてバイオリン/ピアノデュオリサイタル、またソリスト、主要オーケストラ内で演奏する:アムステルダム・コンセルトへボー、NHK、郵便貯金ホール、広島テレビ(平和コンサート1985年)、ローマ・イタリコ・フォロ、ロンドン・ロイヤル・アルベルトホール、ルツェルン・クンストハウス、パリ・プレイエルサロン、ウィーン楽友協会、シュターツオーパー、トリノ・レージョ、ナポリ・サンカルロ、コペンハーゲン・チヴォリ、アテネ、スポーツホール、ベルリン・Waldbuhne、ヴェネツィア・ラビア宮、オスロ・NRK、モスクワ・チャイコフスキーサロン、セビリア・エクスポ、ブリュッセル王立劇場、モントリオール会議場、アテネ・メガロン・エローデ アッティクス、ソフィア・国立文化宮殿、ローマ・ミュージックパルコ、タオルミーナ・ギリシャ劇場、バーミンガム・シンフォニーホール、マンチェスター・ブリッドウォーターホール、カルディフ デイビッドホール、ルクセンブルグフィルハーモニック、ワルシャワ・Wielki劇場、イスタンブール・ルフィットキルダーコンベンションセンター、メガロン・Thessaloniki、パリ・シャンゼリゼ劇場、ヴィルニウス・オペラ座、ダブリン・国立劇場、モスクワ・ボリショイ劇場、サンペトルブルグ・Mariinsky劇場など。

これまでにRAI、ORF(オーストリア)、NHK(日本)、NRK(ノルウェー)のラジオテレビ局での録音を行った。

1977年リグレ州“有望演奏家賞”、1985年ジェノヴァ市“Vivere Donna賞”受賞。現在ソリストとしての演奏活動のほかピアニストJunko渡邉とのデュオ、マスタークラスを毎年イタリア各地や諸国にて行う(パリ・J.P.ラモー音楽院、ミラノスカラ座アカデミー、ほか)。
1984年若干19歳より現在に至りイタリア国立トリノ・G.ヴェルディ音楽院バイオリン科にて教鞭をとる。2010年より定期的に東京、横浜でのマスタークラスに招かれている。

 

清水 ちひろ さん(小学6年)

感想:今日はとても詳しく教えていただきました。むずかしい所もありましたが、とても楽しいレッスンでした。ますますヴァイオリニストになりたいという思いが強くなりました。今日は本当にありがとうございました。

 

安藤 梨乃 さん(大宮光陵高校・音楽科1年)

感想:私は外国の先生にレッスンを受けたことが無かったので、最初は少し緊張しました。でも、演奏法から表現方法まで、細かく丁寧に教えてくださってとても勉強になりました。先生のレッスンを受けたことによって、自分の音楽に対する視野が広がったのと同時に、もっともっと頑張ろうという気持ちになりました。今回先生から学んだことを、今後の演奏に充分に生かしていきたいと思います。

 

鳥橋 香予 さん

感想:Cantareの幅の広さを身近で肌で感じられ、また、表現に必要な多種類の技術を目の前で見る事ができ、教えて頂き有意義な時間でした。

 

中野 さくら さん(東邦音大付属中1年)

感想:今まで日本国外の先生にバイオリンについて教えてもらう事はなく、今回が初めての経験でした。
理解力がない私にも、楽しく教えてくださったのでプラスに考える事が出来ました。先生の感情表現の幅広さやテクニックにとても感動しました。教わった事を復習し今後に生かしていきたいと思います。レッスンありがとうございました。

 

上野 日菜子 さん(小学4年)

感想:弓を長くする所と短くする所、良い所がわかった。「#」の所がよくわかった。

 

常光 今日子 さん(東京音大卒)

感想:グリーグのヴァイオリンソナタ第3番をレッスンしていただきましたが、音楽的表現や、歌のうたい方から自分にとっては新しい歌い方を、先生の弾く音を聴きながら勉強でき終始、新しい発見がたくさんでとても楽しいレッスンでした。特に「p」でのヴィブラートのかけ方、呼吸など私が今悩んでいることを勉強できました。ありがとうございました。

ページの先頭へ