下倉バイオリン社では、ゲルノート・ヴィニッシュホーファー氏をお迎えし、プライベートレッスンを開催いたしました。

【講師】ゲルノート・ヴィニッシュホーファー

ウィーンコンサヴァトリウム私立音楽大学教授

【講師プロフィール】
世界的に知られたヴァイオリンの名手ウォルフガング・シュナイダーハンや、鬼才ギドン・クレーメル、指揮者としても有名なシャンドル・ヴェーグといった一流の音楽家たちからヴァイオリンを学んだゲルノート・ヴィニッシュホーファーは、若くして数々のコンテストに入賞し、奨学金を勝ち取ってチャイコフスキー音楽院に入学した実力派だ。音楽院では、チャイコフスキーコンクールの初代優勝者であるヴァレリー・クリモフについて、伝統的なロシア流の奏法を徹底的に学んだ。これまでに、ヨーロッパや中近東、アジアなど世界各国のステージに上り、エルミタージュ交響楽団やプラハ交響楽団、ウィーン室内楽団などをはじめとしたトップレベルの楽団と共演したほか、ウィーン・フィルのメンバーと結成したアンサンブルでも活躍している。CDやテレビ、ラジオのレコーディングも多く、音楽フェスティバルの音楽監督や、ギリシャのパトラス国際ヴァイオリン・コンクールの審査員も務めている。 ウィーン市立音楽院で教鞭をとるゲルノート・ヴィニッシュホーファー教授は、ヴァイオリン奏法の原点といえるレオポルト・モーツァルト著『ヴァイオリン教程』と、アウアーからオイストラフへと受け継がれたロシア流メソッドを融合して、バロックからロマン派までの幅広いスタイルを教える。
 

11:0012:00 
城戸 範子
曲目:モスクワの思い出

感想:この日を楽しみに伺いました。いろんな問題を解決できました事、又、音楽とは何かを間近に感じる事のできる実りある一日となりました。  
又、他の方々のレッスンを聴講致しまして、実に辛抱強く音の出し方について手取りのレッスンには脱帽です。  
またの機会にお目にかかり聴いて頂きたく存じました。下倉様にも感謝申し上げます。  ありがとうございました。

   

12:0013:00
大宮光陵高校1年 小山 あずさ 
曲目ヴィニアフスキー ヴァイオリンコンチェルト1番1楽章:

感想:今日は、充実した良いレッスンを受けることができとてもうれしく思います。 先生は、姿勢や弓の使い方など基本的なことから丁寧に教えてくださり、とても勉強になりました。 今日学んだことを身につけ、頑張っていこうと思います。

   

14:0015:00
酒井 健一
曲目:ブラームス ヴァイオリンコンチェルト1楽章

感想:まだ、自分は「音楽(をやる心)」になっていない、と実感しました。先生は「音楽」が身についているという印象で、これは一朝一夕につくものではないなと思いました。
こういう先生と音楽をできる環境で、しっかりと基礎から学びたいという感想です。一つ一つの作りが雑で、もっと丹念にやるべきだ、又、やりたいと思いました 音程、ビブラート、ボーイング等など、先生のような音楽性と奏法を身につけられればなと思いました。
日頃、「練習」をしていないかと思いましたが、一つ一つ練習できる環境は正直今の自分では作れないし、そういうことを考えてしまいます。35という年齢も考えてしまいますが、逆に急ぐと駄目ですね。 今日は、このような機会を与えて下さり、どうもありがとうございました。そして、先生にも。

   

15:0016:00
木村 糸織
曲目: バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV1002

感想:今回生まれて初めて外国の先生にレッスンをしていただきました。
とても大切なことをたくさん教えていただきましたが、なかなかすぐには出来ませんでした。 今回教えていただいた事で印象に残っているのは、「柔らかく弾くこと」、「リラックスすること」、「レガートを大切に」、です。
これらを今後の稽古に生かしたいと思います。 また、ヴィニッシュホーファー先生が日本に来られる時はお会いしたいです。 ありがとうございました

 

16:0017:00
聖徳学園高校3年 原田 せな
曲目: ブルッフ ヴァイオリンコンチェルト1楽章

感想:近日公開



  ゲルノート・ヴィニッシュホーファー先生による選定品  

選定していただいた楽器には「選定証明書」にゲルノート・ヴィニッシュホーファーのサインが付き、より安心してお買い求めいただけます。普段は入手困難で貴重な、まさに「価値ある1本」と言えます。


ゲルノート・ヴィニッシュホーファー先生に楽器を6本選定していただきましたが、ご好評につき完売いたしました。

選定品に関するお問い合わせはこちら
TEL:03-3294-7706(代)
平日10:30-19:30/日曜、祝日10:00-18:30
定休日:年中無休

ページの先頭へ